本文へ移動

本永病院 感染対策指針

1.基本理念
 われわれ医療従事者には、患者の安全を確保するための不断の努力が求められている。医療関連感染の発生を未然に防止することと、ひとたび発生した感染症が拡大しない様に可及的速やかに制圧、終息を図ることは医療機関の義務である。本永病院(以下「当院」とする)においては、本指針により院内感染対策を行う。
 
2.本指針について
①策定と変更
 本指針は、院内感染対策委員会の議を経て策定したものである。また、院内感染対策委員会の議を経て適宜変更するものであり、変更に際しては最新の科学的根拠に基づかなければならない。
②職員の周知と遵守向上
 本指針に記載された各対策は、全職員協力の下に、遵守率を高めなければならない。
・感染対策チーム infection control team(ICT)は、現場職員が自主的に各対策を実践するよう自覚
 を持ってケアに当たるよう誘導する。
・ICTは、現場職員を教育啓発し、自ら進んで実践して行くよう動機づけをする。
・就職時初期教育、定期的教育、必要に応じた臨時教育を通して、全職員の感染対策に関する知識を
 高め、重要性を自覚するよう導く。
・定期的にICTラウンドを活用して、現場に於ける効果的介入を試みる。
・定期的に手指衛星や各種の感染対策の遵守状況につき監査するとともに、擦式消毒薬の使用量を調
 査してその結果をフィードバックする(容器に使用量が分かるよう、線と日付を記しておく。)
③本指針の閲覧
 職員は患者との情報共有に努め、患者及びその家族から本指針の閲覧の求めがあった場合には、これに応じるものする。なお、本指針の照会には、ICTが対応する。
 
医療法人社団樹章会 本永病院
〒739-0016
広島県東広島市西条岡町8-13
TEL.082-423-2666
■診療科目■
内科、消化器内科(胃・腸・肝臓等)、循環器内科、外科、産婦人科、神経内科、整形外科、リハビリテーション科
TOPへ戻る