本文へ移動

医療安全管理指針

基本理念
 医療の場では医療従事者の不注意が、単独であるいは重複したことによって医療上望ましくない事態を引き起こし、患者の安全を損なう結果となりかねない。患者の安全を確保するためには、まず、我々医療従事者の不断の努力が求められる。さらに、日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設けるなど、単独の過ちが即医療事故というかたちで患者に実害を及ぼすことのないような仕組みを院内に構築することも重要である。
 本指針はこのような考え方のもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つを推し進めることによって、医療事故を無くし、患者が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とする。
 
 「本永病院の理念」
  地域の皆様に信頼され、親しみのある病院を目指します。
 
「本永病院の基本方針」
  ・一人一人の生命を尊び、良質な医療によって地域に貢献する。
  ・一人一人の患者さんを大切にして、分け隔てのない医療サービスを提供する。  
  ・一人一人が医療人としての自覚を持ち、責任感のある人材を育成する。
  ・一人一人が互いに尊重・協力して全員で医療を支えあう。
  以上を基本とする。
 
「本永病院の安全管理の理念」
  ・生命を尊ぶ安全な医療の遂行に最大の努力を尽くす。 
  ・全ての患者さんの権利が保障され、信頼が確保される医療サービスを提供する。
  ・医療人として揺るぎない安全意識を持つ人材を育成する。
  ・医療の安全は互いに協力・啓発し、全員で確保する。
 
 以上を掲げ、病院長のリーダーシップのもとに、全職員がそれぞれの立場から この問題に取り組み
患者の安全を確保しつつ、必要な医療を提供していくものとし、全職員の積極的な取り組みを要請する。
 
 
1.安全管理指針の目的
 この指針は、安全が確保されない医療は医療ではないとの観点に立つ本院の安全管理理念のもと、医療事故を未然に防ぎ、再発防止を確実にするための対策および事故発生時の適切な対応など本院における医療安全体制を確立し、信頼される安全で質の高い医療サービスを継続して提供することを目的とする。
 
   2.安全管理に関する基本的な考え方
  (1)安全管理の現状認識
医療事故や紛争の増加傾向は、医学・医術の急速な進歩・発展による医療の高度化・複雑化や価値観の多様化、患者の権利意識の変化を背景としてはいるが、医療安全管理体制が十分ではないことを示すとの現状認識のもと、本院においても、医療安全は整備された医療安全管理体制の有機的な機能のもとで確保されるとの観点から、医療事故の予防・再発防止対策を推進し、患者の安全を確保する、体制の整備に取り組むことは極めて重要である。
  (2)医療安全の基本姿勢
全職員の統一された強い安全意識の確認と安全管理体制の整備が不十分な点の根本的原因究明・改善により、患者の信頼が確保される医療サービスの提供と医療の質の向上を求めていくことを、本院の医療安全の基本姿勢とする。
以上の基本姿勢をバックボーンとする医療安全活動の必要性・重要性を全部署および全職員に周知徹底し、院内共通の課題として積極的に取り組んでいく。
  (3)安全管理推進のための具体的方策
    ①安全管理体制の構築
安全かつ適切な医療を継続して提供するために、本院の医療安全活動が院内全体で確実に機能する管理体制を構築する。
    ②院内報告制度の確立
院内全部門における医療事故やインシデントの情報を収集し、現状の把握、分析、対策および結果評価を的確に行う体制を構築し、医療安全意識の醸成と具体的な予防・再発防止にあたる。
    ③安全管理のためのマニュアルの整備
職員がマニュアルの作成・検討に関わることにより、職場全体に、日常診療における危険予知、患者の安心に対する認識、事故を未然に防ぐ意識等を高め、広める。
    ④安全教育および研修の実施
全職員を対象とする安全に関する教育・研修を計画的に実施し、本院の医療安全に関する基本的な考え方や個別事案に対する予防・再発防止策を周知徹底する。
    ⑤事故発生時の対応方法の確立
事故発生時には、患者の安全確保を最優先するとともに、事故の再発防止策を早期に検討し、職員に周知徹底する。
 
 
医療法人社団樹章会 本永病院
〒739-0016
広島県東広島市西条岡町8-13
TEL.082-423-2666
■診療科目■
内科、消化器内科(胃・腸・肝臓等)、循環器内科、外科、産婦人科、神経内科、整形外科、リハビリテーション科
TOPへ戻る