本文へ移動

医療安全管理指針

 本指針は、医療法人社団樹章会本永病院(以下「本院」という)における医療安全管理体制の確立、医療安全管理のための方策及び医療事故発生時の対応方法等について、指針を示すことにより、適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資することを目的とする。
 
1.医療安全に関する基本的な考え方
 医療安全は、医療の質に関わる重要な課題である。安全で質の高い医療を提供することは、全ての医療従事者の責務であり、職員一人ひとりが、医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、最大限の注意を払いながら日々の医療に従事せねばならない。このため、医療安全管理委員会及びリスクマネジメント委員会を設置して医療安全管理体制を確立するとともに、医療安全管理の強化充実を図る必要がある。
 
2.医療安全管理に係る組織および体制
本院の安全管理体制の確保及び推進のため以下の役職および組織等を設置する。
 
(1)医療安全管理者
 
(2)医療機器安全管理責任者
 
(3)医薬品安全管理者
 
(4)医療安全管理委員会
 
(5)リスクマネジメント委員会
 
(6)医療機器安全管理委員会
 
3.医療安全管理のための職員研修
1)医療安全に関する基本的考え方および具体的方策について、病院職員へ周知徹底を図るために研修会を開催し、併せて職員の医療安全に対する意識向上を図る。
2)研修会は年2回以上行い、職員は積極的に参加する。
3)医薬品および医療機器の安全使用のための研修については、関係職員を対象に実施する。
 
4.報告等に基づく医療にかかる安全確保を目的とした改善方策
1)マニュアルの作成
 「本永病院安全対策マニュアル」を作成し、全ての職員に周知する。職員は同マニュアルを理解し医療安全に対する意識を高め、医療事故防止に努める。
2)医療事故等の報告
 本院の全ての職員は、インシデントおよび医療事故事例に遭遇した場合は速やかに定められた書式により委員会へ報告するものとする。
3)リスクマネジメント委員会は、報告された事例の検討結果や改善策を医療安全委員会へ報報告するとともに職員に周知させる。
4)厚生労働省、他の医療機関等の医療安全や医療事故等に関する情報収集を行う。
 
5.医療事故発生時の対応
 医療事故等が発生した場合「本永病院医療安全対策マニュアル」に沿って対応する。
 医療事故が発生した場合には、患者に対しては医療上最善の処置を行うとともに、状況の悪化に直ちに対応できる体制を整備する。また、患者・家族等に対しては、誠実に速やかな事実の説明を行う。重大な医療過誤が発生した場合は、現場当事者のみならず病院全体が組織として対応する。
 
6.患者への情報提供
 本指針については、医療法人社団樹章会本永病院のホームページに掲載するものとする。
 
7.患者からの相談への対応
患者やその家族からの苦情及び相談については、相談窓口を設置し、医療内容に関するもの、入退院・医療福祉に関するもの、及びその他の苦情・相談に関するものについて、それぞれ体制を整備し適切に対応する。
 
8.その他
 医療安全の推進のため、本指針のほか「本永病院医療安全対策マニュアル」はリスクマネジメント委員会、および医療安全委員会において見直しをするほか必要に応じて改定をおこなう。
 

附 則
この指針は、平成22年12月1日から施行する。
医療法人社団樹章会 本永病院
〒739-0016
広島県東広島市西条岡町8-13
TEL.082-423-2666
FAX.082-422-6190
■診療科目■
内科、消化器科(胃・腸・肝臓等)、循環器科、外科、産婦人科、麻酔科、神経内科、呼吸器科、リハビリテーション科
TOPへ戻る