本文へ移動

透析室-環境設備システム

 
透析液関連のシステムを一新
 
より新鮮な透析液を供給
 この度、透析液関連のシステムを一新しました。以前のシステムは1980年代に主流であった方法を採用していました。
更新された機器
・RO装置(逆浸透精製水製造システム)
・透析液供給装置
新しく導入した機器
・透析A・B原液自動溶解装置
・透析液クリーン化ET-system
 メーカーを統一し、機器全体のシステム化を図ることで機器同士のトータル的な連動操作が可能となった。そのおかげで透析液に関わる全ての配管の洗浄・消毒が可能になった。
 今回の機器の入れ替えの一番の目的は、『透析液の清浄化』である。超純粋透析液を作成し、治療に用いることで、貧血の改善・血圧の安定・栄養状態の改善・透析長期合併症の発症リスクの低減・不必要なタンパク物質の低下などの臨床的な効果が期待できる。
 ちなみに・・・
 以前の機器ではエンドトキシン(発熱物質)、生菌ともにある程度の量が検出されていましたが、機器を変えて以降2回検査を行い、2回ともエンドトキシンは検出感度以下、生菌は0個という超純粋透析液が作成できている。

DRO-EX(逆浸透精製水製造システム)

 
 水道水を透析に使うことのできる綺麗な水に作り変える装置。
 水道水は硬水なので軟水に変えます。
 この装置でエンドトキシンや生菌を主に取り除き、蒸留水に近い水を作ります。

透析 A ・ B 原液自動溶解装置

 
RO装置で作られたRO水(綺麗な水)を使い、A・B 濃縮原液のパウダーと混ぜ合わせて濃縮原液の液体を作ります。

透析液供給装置

 
濃縮原液の液体とRO水を混ぜ合わせて透析液を作成し、各コンソールに透析液を供給していきます。

透析液クリーン化ET-system

 透析液クリーン化ET-sysytem装置の中にあるフィルターを通してエンドトキシンや生菌を最終的に取り除きます。
医療法人社団樹章会 本永病院
〒739-0016
広島県東広島市西条岡町8-13
TEL.082-423-2666
FAX.082-422-6190
■診療科目■
内科、消化器科(胃・腸・肝臓等)、循環器科、外科、産婦人科、麻酔科、神経内科、呼吸器科、リハビリテーション科
TOPへ戻る