本文へ移動

病気の種類

甲状腺の病気は種類や症状は様々ですが、大きく2つに分けて考えるとわかりやすいと思います。

甲状腺ホルモンの分泌に異常が生ずる疾患

びまん性甲状腺腫
 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまい、心臓がドキドキしたり、汗をかいて体重が減ったり、指が震えたりする甲状腺機能亢進症と、甲状腺ホルモンの分泌が不足して、疲れやすい、寒がり、便秘などの症状を起こす甲状腺機能低下症があります。甲状腺が腫れてこない場合もありますが、多くは全体が腫れてきます(びまん性甲状腺腫)。
 
主な病名
甲状腺機能亢進症: バセドウ病・機能性腺腫・TSH産生下垂体腫瘍
甲状腺機能低下症: 慢性甲状腺炎・甲状腺手術後

甲状腺の形態に異常が生ずる疾患

結節性甲状腺腫
 甲状腺全体が腫れてくるびまん性甲状腺腫と甲状腺内に結節と呼ばれる固まりができる結節性甲状腺腫があります。ホルモン異常を伴う場合や伴わない場合があります。びまん性甲状腺腫には思春期甲状腺腫、バセドウ病、慢性甲状腺炎(橋本病)などがあり、結節性甲状腺腫には腺腫様甲状腺腫、瀘胞腺腫などの良性のものと甲状腺癌などの悪性のものがあります。
 
主な病名
びまん性甲状腺腫: 思春期甲状腺・バセドウ病・慢性甲状腺炎
結節性甲状腺腫: 腺腫様甲状腺腫・甲状腺癌・甲状腺瀘胞腺腫
医療法人社団樹章会 本永病院
〒739-0016
広島県東広島市西条岡町8-13
TEL.082-423-2666
FAX.082-422-6190
■診療科目■
内科、消化器科(胃・腸・肝臓等)、循環器科、外科、産婦人科、麻酔科、神経内科、呼吸器科、リハビリテーション科
TOPへ戻る