本文へ移動

臨床検査科

臨床検査科とは

 病気の原因を明らかにするため、血液の分析、心電図、エコー、MRI等の検査を行います。検査結果により医師が診断を行うため、病院にとって無くてはならない部署になっています。
 1階外来近くに臨床検査室は配置されており、そこでは血液検査・一般検査・MRI検査・心電図検査・超音波検査等を行います。7階の生化学検査室では、生化学検査・病理・細胞診を行います。
 患者さんの待ち時間を短縮するよう、迅速かつ正確な検査を心がけています。

検査内容

1.生化学検査

 採血された血液を血球と血清に分離し、その血清成分を肝機能検査、肝炎ウイルス、腫瘍マーカー、ホルモン等色々と分析しています。可能な限り至急検査で対応し、その日の診察に間に合わせています。病院で検査できない項目は検査センターに依頼しています。

2.MRI検査

 磁石が埋め込まれたトンネルの中に体を入れて、コンピューターによって、体の中を映し出す方法です。使用する磁気や電波は、無害で、体に感じるものではありません。
 患者さん自身の体の位置を変えなくても、あらゆる角度から、体の中の様子を見ることができます。

3.血液検査

 血液中の白血球数、赤血球数、血小板数、ヘモグロビン量を機械で測定します。
スライドガラス上に血液を薄く塗り、ギムザ染色をほどこし顕微鏡で観察すると炎症の程度、アレルギー、白血球等の血液疾患がわかります。

4.一般検査

 尿検査では、尿中の糖、蛋白や内容物を検査することで糖尿病や腎疾患が見つかることがあります。
 便検査では、便に血液が混じっているかで食道癌、胃癌、大腸癌のスクリーニングができます。
 その他、血液ガス、髄液、精液、インフルエンザ、アデノウイルスなどの検査も行なっております。

5.病理・細胞診

 手術により摘出された臓器、胃カメラ等で採られた検体から顕微鏡で見られる標本を作り、癌などの異常を捜し出しています。
 病理診断は、広島大学にお願いしています。ユニークなのは、手術中にバイク便を利用して、広島大学付属病院に迅速病理診断をお願いし、早い時間で結果を得ていることです。

6.生理機能検査

心電図検査
 
 心臓が毎回拍動するたびに発する電気の変化をとらえたのが心電図です。
心電図を記録することにより心房心室の肥大、心筋梗塞、不整脈、電解質代謝異常、心臓に影響を及ぼす全身疾患、心筋に働く薬剤の影響、心膜炎等がわかります。
肺機能検査
 
 肺がどれだけの空気を取り込めるか、肺がどの程度の量や速さの空気を吐き出せるかで、肺の障害の有無を判断します。
 また手術時の麻酔の方法を決めるためにも行なっています。
超音波検査
 
 超音波検査とは高周波の音で、体の中を観察して癌、結石、炎症の程度を画像化する検査です。
 当院の特徴は、消化管の検査、虫垂炎、大腸癌、胃癌、腸炎の検査に力をいれています。
眼底検査
 
 眼底(目の奥)は体の中では唯一直接肉眼で血管を見ることができる部位です。
 眼底の動静脈より動脈硬化や高血圧による血管の変化や糖尿病、高血圧などの病気の進行具合をみます。
医療法人社団樹章会 本永病院
〒739-0016
広島県東広島市西条岡町8-13
TEL.082-423-2666
FAX.082-422-6190
■診療科目■
内科、消化器科(胃・腸・肝臓等)、循環器科、外科、産婦人科、麻酔科、神経内科、呼吸器科、リハビリテーション科
TOPへ戻る