透析室外来のご案内
【外来診察日程】


午前
夜間 - - -


 【外来診察時間】
 透析開始時間 : 8時45分 〜
  夜間透析時間 : 17時 〜 23時
 【透析病床数】 28床
 【入院病床数】 182床



特徴・取組み
 当院では、レントゲン、エコー、クリットラインなど複数の検査により適切なドライウエイトを設定し、データ管理による充分な透析効率を実現します。しかし数値や効率を追うばかりでなく、私たちは患者さまの意志・体力・生活環境なども考慮し希望を可能な範囲で受入れ、満足してもらえる透析を目指したいと思っています。



■ 新鮮な透析液の供給が可能
 H22.10月にメーカーを統一し、機器全体のシステム化を図ることで機器同士のトータル的な連動操作が可能となった。そのおかげで透析液に関わる全ての配管の洗浄・消毒が可能になりました。今回の機器の入れ替えの一番の目的は、『透析液の清浄化』です。超純粋透析液を作成し、治療に用いることで、貧血の改善・血圧の安定・栄養状態の改善・透析長期合併症の発症リスクの低減・不必要なタンパク物質の低下などの臨床的な効果が期待できます。
 ちなみに・・・
 以前の機器ではエンドトキシン(発熱物質)、生菌ともにある程度の量が検出されていましたが、機器を変えて以降2回検査を行い、2回ともエンドトキシンは検出感度以下、生菌は0個という超純粋透析液が作成できています。
入院透析でも対応可能
 入院透析も対応可能。長期療養治療目的でも対応可。
各血液浄化療法の実施
 人工透析以外の血液浄化療法を行っています。
 LDL吸着療法、白血球除去療法、血液吸着などあらゆる状態にも対応します。
腹膜透析療法の実施
 当院では血液透析(HD)とは別に、腹膜透析療法も実施可能です。
心不全合併の透析
 担当医師の中には心臓の専門医もおり、心不全患者さまに適切な透析方法を選択します。
HDF療法の実施
 現在10名の患者さまにHDF療法を行っています。今後もハード面を充実させていく予定です。その他、敗血症のエンドトキシン 吸着療法、潰瘍性大腸炎、リウマチに対する白血球除去療法なども行います。
合併症看護の充実
 糖尿病、動脈硬化の強い患者さまに対しスキンケア、フットケアを実施しています。

 


各種制度のご相談について
特定疾病療養受領証
 各健康保険等の高額療養費制度で、長期間高額な治療を必要とする疾病で厚生労働大臣が定めるもの(血友病・人工透析を要する慢性腎不全及び血液製剤に起因するHIV感染者)について、医療費の自己負担限度額を医療機関ごとに入院・外来それぞれ月額1万円(食事代は別)する制度です。(※所得により2万円になる場合もあります。)

重度心身障害者の医療助成
 人工透析を導入すると、腎機能障害として身体障害者手帳の1級を取得することができます。透析導入前でもシャント造設後や検査データにより、4級程度の認定を受けられる場合もあります。
@



身体障害者手帳の1級・2級・3級の所持者と療育手帳の(A)・A・(B)の所持者(ただし、所得額が定められた基準を下回ることが必要)重度心身障害者の医療費助成制度を受けることができます。
人工透析以外の治療にも医療費助成が適用されます。
A 税金などの控除が受けられます。
B ホームヘルパーなどの支援費サービスが受けられます。
C その他各種障害者施策の活用ができます。


その他、各種ご相談は医療福祉相談室で対応させていただきます。

相談受付時間  月曜日〜土曜日(休診日を除く)
  9時〜17時

透析 外来のご案内
特徴・取組み
各種制度のご相談について
施設設備
問合せ


アクセスカウンター
    本永病院
    〒739-0016 東広島市西条岡町8-13  TEL(082)423-2666  FAX(082)422-6190