感染対策指針

1.院内感染対策に関する基本的考え方
 われわれ医療従事者には患者の安全を確保するための不断の努力が求められている。医療関連感染の発生を未然に防止することと、ひとたび発生した感染症が拡大しないように可及的速やかに制圧、終息を図ることは医療機関の義務である。本永病院(以下「本院」とする)においては、本指針により院内感染対策をおこなう。
2.院内感染対策のための委員会およびその他組織に関する基本的事項
 本院で定める「本永病院感染対策委員会規定」に基づき,医師を委員長とし各部署から選出した感染委員を構成員とする院内感染対策委員会を設置する。毎月1回定期的に会議を開催し,院内感染防止対策を講じる。
3.院内感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針
 感染対策委員会は感染防止の基本的考え方及び具体的方策について,職員に周知徹底を図ることを目的に全ての職員を対象に院内研修会を開催する。また新規採用者に対しても必要に応じて研修を行う。
4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針
1) 院内において、感染症と診断された場合は「感染症報告書」を各部署長→看護部長→感染対策委員会へ提出する。職員においても自己に感染の疑いがある時は同じように「感染症報告書」にて報告する。
2) 検査科は、MRSA・多剤耐性緑膿菌など多剤耐性菌の検出、院内感染対策上重要な病原微生物の検出状況について、感染対策委員会に報告を行う。
3) 感染症報告書の対象者が治癒・退院または隔離解除した時は感染対策委員会において報告する。 
5.院内感染発生時の対応に関する基本方針
 疫学的、臨床的問題となる感染症患者が発生した場合は、臨時に会議を招集する。
 臨時感染対策委員会は、院長他関係部署長をメンバーとし院内感染を波及されないため迅速に対応を決定し実行する。
 また、必要と判断された場合には速やかに患者や家族へ事実説明を行い理解を得た上で、協力を求める。
 対策をおこなっているにもかかわらず継続する場合、もしくは院内のみでは対応が困難な場合はしかるべき組織に相談し支援を求める。
6.患者などに対する当該指針の閲覧に関する基本方針

 広く患者等へ本院の感染対策に対する考え方を周知するために,本指針を当院ホームページに掲載し公開する。

7.その他院内感染対策の推進のために必要な基本方針

1) 職員が知っておくべき院内感染対策の具体的実施方法に関してはマニュアルを作成する。マニュアルは医療安全管理委員会において作成し、感染対策委員会において検討し改訂を行う。マニュアルは各部署に配布する。
2) 院内感染対策は職員だけでなく患者および家族・見舞客等の協力が不可欠であり,職員以外に対する院内感染対策の啓発活動を積極的に行う。
3) 当院における業務を遂行していく上で,職員が感染症に罹患することを防止する対策を講じる。

附則

この指針は平成22年12月1日から施行する。



個人情報保護
      に関する基本方針

診療情報開示に関する指針
医療安全管理指針
感染対策指針


東広島市西条町にある病院。診療科目は、内科・外科・産婦人科・耳鼻咽頭科を有する全182床の病院です。他に人間ドック、人工透析設備も完備しています。在宅支援事業もあり、医療・福祉の分野にて地域に貢献できるよう努めています
    本永病院
    〒739-0016 東広島市西条岡町8-13  TEL(082)423-2666  FAX(082)422-6190